大会・チーム名で記事を探す

ロッベンがオランダ代表引退を表明。最終節スウェーデン戦で2ゴール挙げるもロシア行き叶わず

2017.10.11 | 9:01

Tsuda

ストーリー

オランダ代表引退表明をしたアリエン・ロッベン 写真提供:GettyImages

 バイエルンのFWアリエン・ロッベンがオランダ代表引退を表明したようだ。英紙『ザ・サン』など複数メディアが一斉に報じている。

 オランダ代表は日本時間今日未明に行われたワールドカップ欧州予選・最終節のスウェーデン戦でロッベンが2ゴールをあげて勝利。勝ち点19でスウェーデンに並んだものの、得失点差で及ばず3位となり予選敗退が決定している。その試合後同選手は、「今はもうクラブのことに集中したい。オランダ代表では次の世代へ引き継ぐのにベストなタイミングだ」と語っており、代表引退を表明。また、試合終了後にはスタンドには「アリエン、ありがとう!」というチャントが響き渡っていたようだ。

 ロッベンはオランダ代表で通算96試合に出場し、37ゴールをマーク。またワールドカップには3度出場しており、2010年の南アフリカ大会では準優勝、そして2014年のブラジル大会では3位フィニッシュに大きく貢献していた。
 
 

< あわせて読みたい >
イブラ、デ・ヘア、フィーゴ、中村俊輔、歯の問題…サッカー史、衝撃の移籍破談10選
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選

インテル レアル・マドリード ファビオ・カペッロ ロベルト・カルロス ロイ・ホジソン