大会・チーム名で記事を探す

非情なる勝負の世界…。サッカー界、ショッキングな早期解任となった監督たち6選

2017.09.29 | 6:03

Keiske

ナンバー

サッカー界 早期解任6選

サッカー界 早期解任6選 写真提供:Getty Images

バイエルン・ミュンヘンは現地時間の28日、カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表した。昨季から同クラブの指揮官を務めていたアンチェロッティ監督は、初年度はブンデスリーガ制覇を成し遂げた。しかし、今季は開幕から不調が続くとパリ・サンジェルマン戦で3-0と大敗。まさかの早期解任となった。そこで今回はサッカー界で異例の早期解任にあった監督たち6選を紹介する。

カルロ・アンチェロッティ監督

カルロ・アンチェロッティ監督 写真提供:Getty Images

クラブ:バイエルン・ミュンヘン
指揮期間:2016年7月1日~2017年9月28日
試合数:60試合
平均獲得勝点:2,28

初年度はノルマであるブンデスリーガ優勝を達成。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)ではレアル・マドリードに敗れ、DFBポカール決勝では準決勝でボルシア・ドルトムントに敗れたことで完璧なシーズンとはならなかった。今季は6節を終えて4勝1分1敗と“絶対王者”としては不調に陥り、パリ・サンジェルマンで3-0と完敗を喫したことで解任となった。それでも平均獲得勝点は「2,28」を誇っていることで、今回の解任に疑問の声も挙がっている。

< あわせて読みたい >
世界各国の美しすぎるサッカー美女サポーターたち
2017年最新サッカー高額移籍金ランキング
サッカー史上、最も“酷い”デザインのユニフォーム13選

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

インテル ステファノ・ピオリ チェルシー カルロ・アンチェロッティ レアル・マドリード バイエルン・ミュンヘン フランク・デ・ブール クリスタル・パレス パレルモ ロベルト・ディ・マッテオ ラファエル・ベニテス