大会・チーム名で記事を探す

マンU、新鋭FWマルシャルへのオファー拒否。インテルやトッテナムが獲得試みるも

2017.08.13 | 13:01

Tsuda

ニュース

マンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシャル 写真提供:Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドはフランス代表FWアントニー・マルシャルへの獲得オファーを拒否したようだ。13日、フランス『RMC』が伝えている。

 昨季はリーグ戦で18試合の先発出場にとどまったマルシャルはより多くの出場機会を求めていると伝えられている。そのマルシャル獲得を巡って、インテルは買取オプション付きレンタルでオファーを提示したようだが、ユナイテッドがこれを拒否した模様。またトッテナムは完全移籍での獲得を試みたものの、ユナイテッドは同様に却下したようだ。

 マルシャルは2015年夏の移籍市場閉鎖直前にモナコから6000万ユーロ(約66億円)でユナイテッドに加入も、ここ2シーズンでまだ移籍金に見合うだけのインパクトを残せていない。ただ、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)アメリカラウンドでのレアル・マドリード戦では先制ゴールを決めるなど好パフォーマンスを見せ、ジョゼ・モウリーニョ監督から高評価を受けている。

< あわせて読みたい >
イブラ、デ・ヘア、フィーゴ、中村俊輔、歯の問題…サッカー史、衝撃の移籍破談10選
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選

インテル マンチェスター・ユナイテッド トッテナム・ホットスパー ジョゼ・モウリーニョ アントニー・マルシャル