大会・チーム名で記事を探す

元ミラン監督のサッキ氏、昨季CL決勝のユーべに疑問視「彼らは15分しかプレーしていない」

2017.08.10 | 18:01

Tsuda

ストーリー

元ミラン監督のアリゴ・サッキ氏 写真提供:Getty Images

 元ミラン監督のアリゴ・サッキ氏は昨季のCL決勝におけるユベントスの戦い方に対して疑問をいだきつづけているようだ。10日、イタリア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。

 かつて1980年代後半、ミランに1度のスクデットと2度のUEFAチャンピオンズカップのタイトルをもたらしているサッキ氏は、「彼らは15分しかプレーしていない。残りの時間はリトリートしてしまい、ただ単純にディフェンスとカウンターアタックを繰り返しているようにしか見えなかった」と自身の見解を示している。また同氏は「彼らは攻撃面でのポテンシャルを最大限に生かせなかった。なぜこのような戦術をとったのかアッレグリからぜひ聞きたいと思っている。おそらくチーム全体のコンディションで何らかの問題があったとは思う」とコメント。ユベントスのアッレグリ監督がとった戦術の意図を知りたいようだ。

 ユベントスは昨季もスクデット6連覇、コッパイタリア3連覇を成し遂げるなどイタリア国内では圧倒的な強さを見せていた。しかしカーディフで行われたCL決勝ではレアル・マドリードに1-4で惨敗を喫している。

< あわせて読みたい >
イブラ、デ・ヘア、フィーゴ、中村俊輔、歯の問題…サッカー史、衝撃の移籍破談10選
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選

レアル・マドリード ユベントス マッシミリアーノ・アッレグリ アリゴ・サッキ