大会・チーム名で記事を探す

欧州サッカー、今季“注目選手”は誰だ。得点王、アシスト王、パス王…2016/2017“スタッツ”キングをおさらい【TRIEB SCOUT】

2017.07.21 | 20:01

Keiske

フォーカス

2016/2017欧州サッカー“スタッツ”キング

2016/2017欧州サッカー“スタッツ”キング 写真提供:Getty Images

 夏の移籍市場が本格的に動きはじめ、ビッグクラブのプレシーズンマッチを実施。ヨーロッパ・サッカー2017/2018シーズンの幕開けが近づいている。読者の皆様はすでに今季の注目選手をみつけただろうか。

 今回は『Whocored.com』2016/2017シーズンの得点王やアシスト王など各項目のスタッツ・キングを紹介する。今季の注目選手をみつける上で参照いただきたい。

得点王

アレクサンドル・ラカゼット 写真:arsenal.com

アンドレア・ベロッティ 写真:本人Twitter

1位(37):リオネル・メッシ(バルセロナ)
2位(35):エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
3位(31):ピエール=エメリク・オーバメヤン(ボルシア・ドルトムント)
4位(30):ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
5位(29):エディン・ジェコ(ローマ)
5位(29):ハリー・ケイン(トッテナム)
5位(29):ルイス・スアレス(バルセロナ)
8位(28):アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
8位(28):ドリース・メルテンス(ナポリ)
10位(26):アンドレア・ベロッティ(トリノ)

 注目に値するのはリヨンからアーセナルに移籍したアレクサンドル・ラカゼットだろう。昨季28ゴールを決めたストライカーがプレミアリーグ初年度でどのような活躍をみせるか注目が集まっている。また、ミランやパリ・サンジェルマン移籍の噂が絶えないイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの動向にも目が離せない。一方で、ピエール=エメリク・オーバメヤンはドルトムント残留に落ち着きそうだ。

< あわせて読みたい >
イブラ、デ・ヘア、フィーゴ、中村俊輔、歯の問題…サッカー史、衝撃の移籍破談10選
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選

【次ページ】アシスト王

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

ウスマン・デンベレ マルコ・ベッラッティ ジャンルイジ・ドンナルンマ アレクサンドル・ラカゼット アンドレア・ベロッティ エミル・フォルスベリ スティーブン・エンゾンジ マキシム・ゴナロン マルコス・ジョレンテ ジョーダン・ピックフォード