大会・チーム名で記事を探す

イブラ、デ・ヘア、フィーゴ、中村俊輔、歯の問題…サッカー史、衝撃の移籍破談10選

2017.07.20 | 12:01

Keiske

ナンバー

サッカー史、衝撃の移籍破談10選

サッカー史、衝撃の移籍破談10選 写真:juventus.com, Getty Images

 ユベントスは現地時間の18日、サンプドリアのパトリック・シック獲得を取りやめたことを発表した。同選手は心臓に問題を抱えているとみられており、メディカルチェックを通過することができなかった。

 目まぐるしく動くサッカー移籍市場において、様々な理由で取引が土壇場で破談となることは少なくない。そこで今回はサッカー史に残る衝撃の移籍破談10選を紹介する。

パトリック・シック

パトリック・シック 写真:juventus.com

国籍:チェコ
移籍元クラブ:サンプドリア
移籍先クラブ:ユベントス
破談原因:メディカルチェックで心臓に問題が発覚したため。

 ユベントスからオファーを受け、同クラブのレジェンドで同郷のパベル・ネドベド氏の背番号11を受け継ぐなどと期待された。移籍はほぼ確実なものだと思われていたが、加入直前にメディカルチェックの結果、心臓に問題があることが発覚しユベントスは獲得を見送った。現在はユベントスの宿敵であるインテルが獲得に動いている。

< あわせて読みたい >
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選
本田、ベッカム、フィーゴ…サッカー史上、最も“高価な”ゼロ円移籍10選

【次ページ】二重契約で移籍破談

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11