大会・チーム名で記事を探す

年齢を重ねてもなお輝く…35歳以上で渾身のタイトルを獲得した英雄9選手【フェデラー優勝記念企画】

2017.07.18 | 20:02

Keiske

ナンバー

ロジャー・フェデラーが35歳でウィンブルドン優勝

○○ 写真提供:Getty Images

 テニスの4大大会であるウィンブルドン選手権決勝が16日に行なわれ、ロジャー・フェデラーがマリン・チリッチを下し優勝した。現在35歳のフェデラーにとって今回の優勝はグランドスラム(4大大会)としては5年ぶりの優勝。まさに渾身のタイトル獲得となった。そこで今回はサッカー界におけるOVER35で重要なタイトルを獲得した英雄を紹介する。

ロジャー・フェデラー

ロジャー・フェデラー 写真提供:Getty Images

国籍:スイス
主なタイトル:ウィンブルドン選手権(2003-2007、2009、2012、2017)、ローラン・ギャロス(2009)、全米オープン(2004-2008)、全豪オープンテニス(2004、2006、2007、2010、2017)

 スイスが生んだテニス史上最高の選手の一人。理想的なフォームと多彩なプレースタイルから、最も完成度の高い選手の一人と評されている。2003年にウィンブルドンで優勝して以来、グランドスラム(4大大会)で合計19回のタイトルを獲得した。

 2012年のウィンブルドン優勝を最後に4大大会タイトルから遠ざかっていたが、35歳を迎えた今年、マリン・チリッチを決勝で下し5年ぶりの優勝を飾った。この優勝でウィンブルドンとしては単独最多となる8回目の優勝を記録している。

< あわせて読みたい >
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選
本田、ベッカム、フィーゴ…サッカー史上、最も“高価な”ゼロ円移籍10選

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9