大会・チーム名で記事を探す

サッカー界の“ナイスガイ”たち。キャリアで一度も退場していない5人の選手

2017.06.12 | 12:34

Keiske

ナンバー

サッカー界の“ナイスガイ”たち

サッカー界の“ナイスガイ”たち 写真提供:Getty Images

 前回の「サッカー界の“最凶選手”6選」に対して、当然ながらサッカー界には多くのナイスガイが存在する。

 今回はその中でもとりわけ「キャリアを通じて一度も退場したことがない」という極めて紳士的な偉業を成し遂げた5人の偉大な選手を紹介しよう。

アンドレス・イニエスタ

バルセロナのアンドレス・イニエスタ 写真提供:Getty Images

クラブ:バルセロナ
代表:スペイン
ポジション:ミッドフィルダー
出場試合数:624試合(クラブ)、124試合(代表)
獲得タイトル:リーガ(8回)、コパ・デル・レイ(5回)、チャンピオンズリーグ(4回)、ワールドカップ(1回)、EURO(2回)他

 イニエスタは15年のキャリア全てをバルセロナで過ごし、数多くのタイトルを勝ち獲ってきた。チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、EURO全てを制した数少ない選手の一人だ。

 創造性溢れるプレースタイルで観るものを魅了するが、同時に非常に紳士的なプレイヤーでもある。また、素朴で穏やかな人柄もファンから愛される所以だ。

< あわせて読みたい >
サッカー界の“最凶選手”。長期出場停止を経験した6選手

Pages: 1 2 3 4 5

ミシェル・プラティニ フィリップ・ラーム ラウル・ゴンサレス ゲーリー・リネカー アンドレス・イニエスタ